Press "Enter" to skip to content

オンラインカジノは利便性も高く安全

pechealatraine 0

オンラインカジノの歴史・運営会社について

オンラインカジノの歴史はまだ浅くここ25年程です。
カリブ海東部に位置しイギリス連邦加盟国であるアンティア・バーグーダという小さな国家で、1994年にオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律が制定されたのが始まりです。

ソフトウェアはイギリス領のマン島に拠点を置くマイクロゲーミング社が、同じく1994年に開発しています。
同社のソフトは、それ以降、多くのオンラインカジノで導入されています。

更に、1996年にはクリプトロジック社により、オンライン決済ソフトが開発されました。
これにより世界的にオンラインカジノの運営が始まります。
同年には、クリプトロジック社の子会社であるウェイジャーロジック社により世界初のオンラインカジノ『インターカジノ』の運営が開始されました。

PC環境下のみでのプレイが可能でしたが、2010年頃からスマホやタブレットでもプレイ出来る様になりました。
この頃から日本語対応のサービスを備えたカジノが増加していきます。

2012年3月には、日本人がオンラインカジノで1億3,000万円獲得の記事が週刊誌に掲載されました。
この頃から日本でもユーザーが増え、今では50万人以上がオンラインカジノを楽しんでいます。
世界中のユーザーは4,000万人以上とも言われています。

あまり知られていない様ですが、ロンドン株式市場やNASDAQ等の株式市場に上場している大企業が運営しているオンラインカジノが多くあります。

また、サッカーとの関わりも強く、パーティカジノを運営している『bwin.party digital entertainment plc』はレアルマドリードのスポンサーでもあります。
2007年~2012年までのユニフォームの胸ロゴが『bwin』でした。
クリスティアーノ・ロナウドが着ていたのを記憶されている方もおられると思います。

また、Befairを運営している『Betfair』はマンチェスターユナイテッドのスポンサーであり、日本のソフトバンクが株式の23%を所有しています。

この様な企業によりオンラインカジノは運営されています。

オンラインカジノは日本で遊んでも大丈夫?

やはり日本で『カジノ』と聞くと、法律的な事や安全性が心配になります。

日本では賭博が禁止されており、認められているのは競輪や競馬、宝くじ等の公営ギャンブルのみです。
パチンコは景品交換をする事で、直に現金化しないため賭博には当たりません。

オンラインカジノは、賭博が合法である海外の政府発行の公式ライセンスを取得し、サーバーも海外に置かれ合法に運営されています。
これは海外に行きカジノで遊ぶのと同じとの解釈から、日本国内でも合法という見方がされています。

ここで気をつけておきたいのは、カジノカフェと呼ばれる、オンラインカジノを店内のPCでプレイし、その場で換金もできる店舗型のオンラインカジノです。
これは違法賭博に該当する可能性があるので利用しない方が良いでしょう。

そもそもオンラインカジノは海外で運営されているので、日本円でのベットは不可能とされています。
そのため、プレイヤーとオンラインカジノとの間に決済会社を立て、資金の出し入れを行います。
その場で日本円でベットしない・当選金をその場で受け取らないという事が合法であるポイントなので注意が必要です。

また、オンラインカジノ開始当初には当選金の未払いやアカウント凍結、運営側による不正操作等があったり、ライセンスを取得していないサイトがあったりしていた様です。
しかしながら、現在この様なサイトの殆どは淘汰されています。

オンラインカジノの特徴は?

オンラインカジノは他のギャンブルと違い、24時間365日人目を気にせずいつでもプレイ出来ます。
また、先程も触れましたが、決済会社を立てて資金を出し入れする事も特徴の一つです。
ちなみに『eco Payz』でエコカードを使えば、ゆうちょ銀行やセブン銀行のATMから現金を引き出す事が出来ます。

オンラインカジノの最大の特徴は、ペイアウト率と呼ばれる還元率が、他のギャンブルと比べて高い事があげられます。
これについては後述しますが、オンラインカジノにおける平均ペイアウト率は97%です。
これは、1万円賭けた戻りが9,700円という事です。

日本のパチンコ・スロットではこれが85%、競馬は76%、宝くじに至っては45%です。
宝くじは『当選金付証票法』という法律により、払戻金は発売総額の100分の50以内と定められているので、ペイアウト率は非常に低く設定されています。
これを見ても、オンラインカジノがいかに稼ぎやすいかが分かります。
オンラインカジノは実店舗を持たないため、この様な高いペイアウト率が維持されているのです。

また、オンラインカジノでは少額でもプレイ出来るという特徴もあります。
例えばバカラの最小ベット金額は、マカオやラスベガスの様なランドカジノでは日本円で4,000円~5,000円です。
ところがオンラインカジノでは、これがほぼ100円程度となっています。
気軽にプレイ出来るのもオンラインカジノの特徴です。

また、イベントやプロモーション、キャンペーン等も定期的に開催されており、他のギャンブルよりもお得に遊ぶ事も出来ます。

オンラインカジノはペイアウト率が凄い

先程も述べた通り、ペイアウト率とは還元率の事でベット額に対する払戻額の割合です。
これが高い程、稼ぎやすいと言えます。

これに対して、ハウスエッジ(控除率)というものがあります。
これは運営会社の利益です。
オンラインカジノでのペイアウト率が97%の場合、ハウスエッジは3%という事になります。

日本のギャンブルにおけるハウスエッジは税金が大きいものと言えるでしょう。
国営のための税金や固定経費が引かれているので、必然的にペイアウト率は低くなります。

オンラインカジノでは、ペイアウト率が95%~99%程度に設定されており、これはゲームによって異なります。

まとめ

政府発行のライセンスを持ち、第三者機関に認証を受けている、信頼のおける企業が運営するオンラインカジノは合法で安全に遊ぶ事が出来ます。
また、他のギャンブルと比較しても非常に稼ぎやすいと言えます。
ランドカジノとは違い、少額でもプレイする事が出来るのも魅力の一つです。

これをきっかけにオンラインカジノを体験してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。